​好きなものの守り方
​土もののうつわ

1,使い始める前に

  お鍋に米のとぎ汁を入れます。

  その中に器を入れて20分程

  クツクツと弱火で煮ます。

  米のでんぷん質が器の凸凹に入り込み

  隙間を塞ぐ役割を果たしてくれます。

2,お鍋に器をいれたまま、

  冷めるまで放置して下さい。

3,冷めた後、器のぬめりを洗い流し、

  しっかり乾かして下さい。    

この作業を『目止め』と言います。

こうすることで、食べ物や油分の臭いや色が

器に移りにくくなり、

シミやひび割れの予防になります。

米のとぎ汁がない場合は

小麦粉や片栗粉でも代用できます。

目止めは絶対しなければ

いけないことではありませんが

おすすめはしています。

なかなか出来ない場合は、

毎回、器を使う際に水に浸して下さい。

​臭い移り等の予防になります。

 

※ツルツルとしている磁器は

目止めする必要はありません。

底がザラザラとしている土ものの器(陶器)は

目止めをして下さい。

 

 

 

 

 ​N G

                          

   

・電子レンジ→土ものの器の場合

 高温になりすぎて割れる可能性があります。

 また、上絵や金、銀などの装飾が施された器は

 土ものの器、磁器ともにバチバチと焦げたり

 変形する可能性があります。

・オーブン→急激な温度変化に弱いので

 耐熱用ではない限り使用はNG×です。

・食洗機→クレンザーで傷がついたり、

 水圧やカチャカチャとぶつかり合って

 割れたり、ヒビが入る可能性があります。

目止めをすることで、より愛着がわくでしょう。

なるべく便利な機械は使わず

手をかけてあげましょう。

食器棚にしまう時は、

しっかり乾いてからしまって下さい。

カビの原因になります。

 

​木のもの

まず、水か中性洗剤で洗って下さい。

洗った後はすぐに水分を拭き取って、

十分乾燥させて下さい。

 

 

 

    

 N G

・直射日光→反ったり、

 ヒビ割れする可能性があります。

・水につけっぱなしにする→水分を吸い込んで

 傷む恐れがあります。

 また、カビの原因にもなります。

・食洗機→パサついてくる可能性があります。

湿気の多い場所での収納は避け、

パサついてきたなと思ったら

オリーブオイルやクルミオイル、

木製品用のワックスを塗って

メンテナンスをしてあげて下さい。

​にんげん

感謝の気持ちを伝えて下さい。

「ありがとう。」

 

 

 

 

 N G

 

 

 

・ありがとうの連発 → 怪しまれます。

相手の立場に立って物事を考えてみると

「ありがとう。」と

素直に言えるようになるでしょう。​

言葉にして心のメンテナンスを

日々してあげて下さい。